東京・神奈川・
名古屋エリアにある
ウィズブック保育園

各園のご紹介NURSERY

ウィズブック保育園 東高円寺

認可保育所

園長名:濱崎 浩子

住所:東京都杉並区高円寺南2-34-14 チアフルCOCO1F

電話番号:03-5929-8718

入園申込みについては
杉並区までお問い合せ下さい。

03-3312-2111

採用情報を見る

園長からのメッセージ

私たちの保育園、東高円寺園は、周りを静かな住宅街に囲まれた場所にあります。
落ち着いた環境の中で、お子さま一人ひとりの気持ちを受け止め、
信頼できる人間関係を深め、たくさん愛され、
子どもたちひとりひとりが、自らの存在を尊く感じられるような保育を目指していきたいと考えています。
また、日々成長する姿をご家族と一緒に寄り添いながら、応援したいと思っています。
まだ開園したての新しい園ですが、笑顔あふれる保育園になりますように、精一杯がんばります。

マップ

保育時間

開園時間
7:30
標準時間
7:30~18:30
延長時間
18:30~20:00
休園日
日曜・祝日、12/29~1/3

年齢別定員数/募集数

対象:0~2歳

0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳
定員数
6人 10人 10人 - - -
募集数
園に直接お問い合わせいただくか、各自治体のホームページをご確認ください。
杉並区ホームページはこちら

施設紹介動画

ウィズブック保育園 東高円寺からのお知らせ

  • 2022/06/28

    保育園に新しいお友だちがやってきました!!

    先日、高円寺南園から新しいお友だちが転入してきました!

     

    名前はカブちゃんです☆

     

     

    カブトムシを初めて見る子も多く、初対面は怖がってしまう子もいましたが、1週間ほど経った今では

     

    「カブちゃん何してるかな?」

    「おーい、カブちゃん!おはよ〜」

    「カブちゃん、見たい!」

    「ごはん食べたの?ねんねしてる?」

     

    などなど、たくさん話しかけてカブちゃんの存在をよく気にかけています。

     

     

    2歳児さんは、ゼリーと小枝の交換に挑戦!

     

         

    ちょっと怖いけど、でもやりたい...

    そんな複雑な気持ちの中、慎重に、勇気を出してやりきってくれました。

     

    緊張感の漂う交換作業が終わるとなんだか可愛く思えてきたようで、カブちゃんの背中を優しくなでなでしてあげるお友だちも。

     

     

    「カブちゃん、いっぱい食べてまた一緒にあそぼうね!」

  • 2022/05/06

    行事「手型で鯉のぼりづくり」

    先日、こどもの日の行事を行いました。

     

    4月に新入園児さんが加わってからは初めての行事。いつもと違う雰囲気に、「何が始まるんだろう?」と少し緊張気味の子どもたち。

     

    こどもの日の由来をペープサートのお話で聞きました。

     

     

     

    中身が見えない“はてなボックス”から出てきたのは、みんなの手型!

     

     

    手型を鯉のぼりのウロコに見立てて、大きな鯉のぼりにペタペタと貼り付けました。

     

    自分の手型を貼り終わると、その上からパンパンと触って確かめている1歳児さん。

    「ぼくのてだ」と、手を重ねて置いてみる2歳児さん。

     

      

    完成した鯉のぼりを壁に飾り、みんなで『こいのぼり』のお歌をうたいました。

     

     

     

    鯉のぼりを飾ろうとお外を見ると、どんより曇り空が一気に晴れ渡り、テラスに鯉のぼりを飾ることができました!

    鯉のぼりを背中に、ハイポーズ☆

     

     

     

      

    0歳児さんも、お部屋で鯉のぼりづくりを楽しみました♪

     

     

    全クラスの鯉のぼりが揃い、お部屋の天井でひらひらと泳いでいました☆彡

  • 2022/04/28

    WB活動・食育「お野菜に触ってみよう!」

    2歳児クラスで食育活動を行いました。

     

     

    4月の絵本『ぐるぐる』を読み、「どんな食べ物が出てきたかな?」「みんなは何の食べ物が好き?」「給食にはどんな食べ物が出てくるっけ?」と保育者が質問していくと、

     

    「ごはん!」「いちご!」と思い思いに好きな食べ物を答えてくれる子どもたち。

     

     

    「今日はね、、『ぐるぐる』ののりまきに入っているお野菜を、給食の先生が持ってきてくれたよ!」

     

    登場したのは、人参と小松菜。子どもたちは「にんじんだ!」「これなに??」と興味津々。

     

     

    「このお野菜、どんなふうに生えてるか知ってる?」と栄養士さん。

    土から生えた小松菜の写真を見ながら、「土の中から生えてるから、ほら、小松菜の根っこには少し土がついてるね。」「にんじんは土の中に隠れてるんだね。」

     

    子どもたちには新しい発見だったよう。真剣な表情で写真と野菜を見比べていました。

     

     

     

     

    さて、次は実際にお野菜を手に取ってみます。

     

    一人のお友だちがさっそく小松菜の葉っぱを1枚引っ張ってちぎります。

    それを見て「ぼくもちぎるー!」と他のお友だちもどんどん葉っぱをちぎっていきます。

    根っこのところも力いっぱいちぎっては、テーブルの上に並べていました。

     

     

    お部屋の中は葉っぱの青いにおいでいっぱいです。

     

     

     

    「にんじんはどうかな?」

    栄養士さんがピーラーで皮をむいて手渡すと、

    ―――「かたい!」「(机に落ちると)コンコンってなった」「にんじん、かわいい…」といろいろな感想が。

     

     

    「にんじんって、いろんな切り方ができるんだよ」と栄養士さんが包丁で切って見せてくれました。

    おみそ汁に入っている形、カレーに入っている形、煮物に入っている形、、、

    いつも食べているニンジンの形を見て、思わず食べてしまいそうになるお友だちも(^^)

     

     

    「今日のお給食に、みんなで切ったお野菜が出てくるんだって。楽しみだね!」

     

     

     

     

    ・・・みんなで切った野菜は、人参と小松菜の納豆和えに変身。

     

      

    「ぴっかーん!」

    みんなのお皿があっという間に空っぽになりました(^^)

    自分で切ったお野菜が給食に出てくるなんて、なんだか特別な気分。

    野菜がちょっぴり苦手なお友だちも意欲的に食べる姿が。私たち保育者にとっても嬉しい光景です。

     

     

    WB保育園では、本物に触れる機会をつくり、五感から感じられる様々な物の感触やにおい、色や形などに注目しながら保育活動を行なっています。

    これからも子どもたちの興味や意欲に耳を傾けながら、一緒にたくさんの経験をしていきたいと思います!

TEL

お電話での
お問い合せ

平日10:00〜18:00

MAIL

メールでの
お問い合せ