私たちは子どもたちの将来の可能性を広げ、自ら伸びる力を育みます【ウィズブック保育園】

*NPO法人子育て学協会より*初めまして。子育て学協会です!

「子どもを育てる」ということ

どんな子どもに育ってほしいのか

突然ですが、皆さんはご自身のお子さんに(もしくは保育士さんであれば関わる子ども達に)どんな子に育ってほしいですか?
優しい子、逞しく生きる子、集中力がある子、様々なことに興味を持てる子、最後まで粘り強く頑張る子・・・。100人いれば100通りの想いが出てくるかもしれませんね。

さて、ウィズブック保育園では、系列NPOと連携して園での講座など子育て支援活動をしていたり、保育士向けにチャイルド・ファミリーコンサルタントという子育て中の親子を支援する専門的な研修を行っていたりします。そのNPOが子育て学協会です。
冒頭の○○な子、というのは園で保護者向けに行った子育て講座の際に実際に出てきた言葉です。

大人も子どもも愛でる

子育て学協会では、親子の育ち合いを支援するために講座や親子イベントなどを行っていますが、その中で大切にしていることは、子どもを愛でることはもちろん大人も愛でることです。
子育てに正解は無いとは言われていますが、育児に関する情報が増えたことから、ともすると、パパもママも「あれもこれもたくさんあって選べない!」「この子にとって正解って何?」「たくさん叱っちゃったけど大丈夫?」と不安に思うことが多くなったのではと感じています。初めての子育てで頑張るあまりにできていないことや足りないことに目が向きがちになったり、子どもの個性に戸惑うことがあったり、子ども達のことを一生賢明に頑張られている姿はそれだけで愛おしい存在でもあります。

保護者の皆さんの「こんな風に育ってほしいな」、という愛のこもった想いが真っ直ぐに伝わりますように。そしてその想いが大人になった時に自分らしく人生を生きていく根っことして子どもたちに備わるように。子育て学協会はそんな思いで活動しています。「こんな子に育ってほしい」「こんな家族を創りたい」と考えるヒントやきっかけを提供しています。ぜひ園の保護者向け講座にほっと一息つきにいらしてくださいね。
今回ご紹介できなかった保育者向け研修についてはまた次回ご紹介したいと思います!

子育て学協会HP:http://kosodategaku.jp 
子育て学協会FB:https://www.facebook.com/kosodategaku/ 

NPO法人子育て学協会/株式会社アイ・エス・シーの系列法人です。子育てをしている方の支援、子育て支援者の要請など、幅広く活動しています。