私たちは子どもたちの将来の可能性を広げ、自ら伸びる力を育みます【ウィズブック保育園】

*栄養士コラム*仕事を通じて自分を見つめなおす

改めて自分を見つめなおすこと

中途採用で入社して6ヶ月目に入りました。
ずっと栄養士をやってきましたが会社が変わればもちろん覚えることはたくさんあって、戸惑ったりしながらも充実した毎日を過ごしています。

入社後に新しく始めたことのひとつとして、CFC(チャイルドファミリーコンサルタント:NPO法人子育て学協会の研修)を受けています。「子育て学講座」の名の通り、子どもとの関わり方や発達心理を学ぶのですが、食育にも通じるところがありますし、これまでの栄養士業務だけでは知り得なかった目からウロコな考え方に触れることができるのが楽しくもあります。また、それ以上に自分を見つめ直すいい機会になっています。

私は以前から何にでも興味を持ってやりたがるところがあったのですが、言うなれば熱しやすく冷めやすい方で...これは短所だと思っていました。
しかし、この研修を受けていく中で、短所をCFCで使われている「3つのチカラと7つのココロ」からポジティブな言葉に置き換えてみたところ、好奇心、探究心、自発性、...と、少々強引ではありますが、取り方次第で良い方にも考えられるようになりました。とは言え 冷めやすい は改めたい部分ですね。

実際、落ち込んだ時やストレスを感じた時、好きなことがたくさんあるからうまく発散できているようにも思いますし、無駄だと思っていた情報もふとした所でコミュニケーションツールになったり、あと3日頑張れば好きなあのお店に行ける!好きなあのチームが勝ったから明日も頑張ろう!など、先に楽しみがあることが日々の活力にもなっています。

やはり心が安定していないといい仕事もできないですよね。保育士、栄養士に関わらず、いろいろな考え方を持つ人と出会い、対話し、心を豊かにこれからも子どもたちと関わっていければと思います。

青山支社/統括栄養士より
統括栄養士:保育園の献立作成や食育だより等の考案、食育についてや、園の栄養士のサポートなど「保育園の食」についてを担っています。