私たちは子どもたちの将来の可能性を広げ、自ら伸びる力を育みます【ウィズブック保育園】

*栄養士コラム*みんなで高めあえる場に ~栄養士委員会の役割~

栄養士委員会

ウィズブック保育園では各園から栄養士が集まる栄養士委員会を1〜2ヶ月に1回のペースで行っています。
一番の目的は情報の共有と意思疎通。
小規模園が多く普段は一人勤務の栄養士は、普段疑問に思っていることを解決する場になったり、他園の取り組みや調理のコツを知る機会にもなります。

先日の会議では、代表 山本にも参加いただき、食への想いを聞き、栄養士自身で下期の目標を決める時間を設けました。
まずは個々に「保育園の給食で大切にしたいこと」を考えてもらい、小グループで共有、最終的に全員で決めたテーマが「素材の味を活かした 笑顔いっぱいの楽しいごはんの時間」です。色々な食材との出会いを大切に、そのもののおいしさを知り、食事を楽しんでほしいという全員一致の想いが詰まった一文になりました。代表 山本からも「給食」ではなく「ごはんの時間」という表現が良いと太鼓判をいただき、そうだ!私たちは食事を給仕しているのではない、子どもたちのごはんをつくっているんだと、当たり前のことですが再認識することができました。

こんな風にみんなでひとつのテーマを考えたのは初めての試みだったのですが、終わってみて「他の栄養士の想いが知れてよかった」「みんな同じ想いで働いているんだと確認できて心強く思った」など、前向きな感想が聞けて、モチベーションUPにつながったのではないかと思います。

今後も栄養士委員会では意見や疑問をどんどん出し合い、お互いが高めあえる時間になればと考えています。

管理部/統括栄養士より
統括栄養士:保育園の献立作成や食育だより等の考案、食育についてや、園の栄養士のサポートなど「保育園の食」についてを担っています。