私たちは子どもたちの将来の可能性を広げ、自ら伸びる力を育みます【ウィズブック保育園】

*採用コラム*面接を重ねて感じること

採用も佳境に入ってきました

新卒採用も終盤にさしかかり、中途採用は佳境に入ってきました。
当園は30年4月に新規園を開所しますので、採用にも力を入れています。目まぐるしく、いろんな人と出会い、話をする・・・一人ひとりにしっかり向き合って話をしますので大変な仕事ではありますが、いろんな方とお話をすることは、楽しみでもあります。
会社とは「人」なので、人を増やし、また育成していく。保育園は、保育士や栄養士、看護師がみんなで力を合わせて園づくりをしてくれています。その中心に子どもたちや、子育てをしている保護者の方々がいるのだと思っています。
そんなつながりが「組織」や「場」を作っていく・・・一人ひとりがつながってできているんだと思います。

保育士と出会ってきて思うこと

採用担当として業務をしてから、(社内の保育士も含めると)いつのまにか200人以上の保育士と出会い、会話をしてきたように思います。
面接にお越しいただいた方全員に私からお聞きしていることは「なぜ保育士を目指したのですか?」という質問です。
ほとんどの皆さんが、目指していた当時のことを思い出し、目を輝かせながら教えてくださいます。

転職活動をされている方はそれぞれ、人間関係や残業の多さなど現職を辞める理由がネガティブな方も多いです。
保育士は大変なお仕事です。子どもという命を預かる大事なお仕事。子どもの発達、成長を的確に把握し見守り寄り添い、けががないように配慮しながら、子どもたちの集団生活を作り上げるチカラが必要です。
素人ながらに見ていても、大変なお仕事だと思います。
ただ、やりがいや楽しさもたくさんあるお仕事だと思います。そしてそのやりがいは、もともと保育士になりたかった理由の中にあるんじゃないかと私は感じています。
そのやりがいを実現できる会社でありたいと、人事という立場から目標に向けて日々頑張っています。
本部のメンバーであるからこそ常に現場目線を意識して、現場優先であり続ける。私の仕事のやりがいは「そこ」にあるのかもしれません。
まだ未熟なところばかりですが、子どもたちの成長に負けずに一緒に成長して、ワークライフバランスも意識して長く楽しく仕事していける仲間をたくさん増やしていきたいです!

30年4月入社の方*積極採用中です

ウィズブック保育園では、品川区に2つの認可園、世田谷区三軒茶屋に1つの認証園、名古屋市中区に1つの認可園を開設予定です。
それに伴い、保育士・栄養士を積極採用中です!
園見学のみのお問い合わせでも歓迎しています。是非落ち着いた子どもたちの様子や、保育士の様子を見ていただきたいと思っています。
お気軽に採用ページもしくはsaiyou@isc-ac.jpよりお問い合わせください。

<コラム記載>
人事総務グループ/村上