私たちは子どもたちの将来の可能性を広げ、自ら伸びる力を育みます【ウィズブック保育園】

*保育園コラム*ステキな家族づくり~ファミリービルディング~

サンタ会議?!

街はクリスマスムード一色ですね!
子ども達はサンタさんにお手紙を書き、指折り数えクリスマスを心待ちにしています。保育園でも、クリスマス会の企画準備を各園着々と進めています。パパやママたちも、子ども達の笑顔を見たくて、各ご家庭いろんな企画をされていることでしょう。
我が家でも、今年はどんなクリスマスにしようか、プレゼントはどうするか、“サンタ会議”なるものを夫婦で実施しました(笑)クリスマスという家族イベントに向けて話し合う夫婦の時間は、なんだかほっこりしていいものですね!

ウィズブック保育園で「子育て学講座」を実施しています

当園では、NPO法人子育て学協会と連携し、園の保護者さま向けに定期的に「子育て学講座」を実施しています。最近では、「パパ講座」も大人気です!
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/13400
講座の中では、「チームビルディング」ならぬ「ファミリービルディング」の考え方をお伝えしています。「それぞれの違いを楽しみつつ、子どもも大人も共に成長しあい、自分たちらしい家族を形成すること、そのために必要なこととは何か」をエッセンスとしてお伝えしています。
受講された方の感想は、「家族って、努力すれば素晴らしい関係を築けそうだと気づけた!」「子育ては自分育てなんだなぁという事と、そのためにはまず自分を知るということを学ばないといけないんだと改めて気づかされました」など、とても好評をいただいています。

「ファミリービルディング」の実践!

私自身、二人の子どもを育てながら仕事をしているのですが、この「ファミリービルディング」の考え方を知ってから、主人とのコミュニケーションが変わりました。今悩んでいること、家事育児で協力してほしいこと、子どもの将来のこと・・・。夫婦といえども、ちゃんと言葉で伝えないと相手はわからないし、「伝え方」や「伝えるタイミング」によっては意思疎通がすれ違い、険悪なムードにもなりかねません。
まず、「自分と家族が良い状態でいられるためのルール」を作りました。「朝の保育園送りは半々で分担」「週1回はパパがお迎えに行く」「土曜日の昼食作りはパパ」「週末はお出かけ予定をギッシリ詰め込まない」「お互いの好きなことをする時間も確保する(ママはヨガ、パパはゴルフ!)」などなど・・・。
そのおかげで、育児休暇中の流れで私が一手に担っていた家事育児を、少しずつ分担してくれるようになり、パパの家事スキルがぐんとアップしました!今では私より手際よく洗濯物を干してくれていたりします。
「どうして○○してくれないの?」が「やってくれてありがとう!」に変わり、ケンカも随分と減りました。パパやママの笑顔が増えると、自然と子どもも安定しますよね。

保護者に寄り添い支援していく園づくり

共働き世帯が増え、保育園に求められる役割がこれからますます重要になってくると思います。パパやママそれぞれの心の余裕、夫婦の関係性が、ダイレクトに子ども達にも影響します。園でいつもと違う不安定な様子の子どもにお話しを聞いてみると、朝パパとママがケンカしていた、なんてこともよくあります。
今の保護者たちは本当に忙しく、仕事や家事育児のことで頭がいっぱい、余裕がなくなりがちです。そんな保護者の方々の表情や様子をよく見てちょっとした優しい声かけをしたり、「今日は○○ちゃん、ママにプレゼントする!って言ってキレイなどんぐりを一生懸命探していたんですよ!」などと、その日にがんばっていた子どもの様子を伝えたり・・・そんなちょっとした心遣いで、張りつめていた保護者の気持ちはふっとゆるみあたたかな気持ちになれたりします。
パパやママにはおうちで笑っていてほしい・・そのために園では何ができるか、何をお伝えできるのか?子ども達の心身の発達を支え成長を支援していくことに合わせ、保護者の方々の気持ちにも寄り添い、“子育てのホームドクター”のようなそんな役割を園が担えたら・・園での生活だけでなく、子ども達にとっての幸せな環境(家庭)をつくるためのお手伝いができたらいいなと、そんな想いで今日も園づくりを行っています。

<コラム記載>
保育園SV/清水
SV…保育園を週に1回訪問し、園の運営のサポートなどをしている本部スタッフです。